HOME » CSR » リスク対応

リスク対応

事業活動を行っていくと、様々なリスクに直面します。不況による経営不振なども事業のリスクではありますが、自社ではコントロールできないリスクも多々発生します。天災や事件・事故、紛争などの外部的な要因や、経営者の健康、後継者問題など内部的な要因のリスクもあります。
全てのリスクに備えることは物理的にも不可能ですし、効果的ではありません。しかしながら、事業継続が不可能になるような致命的損害を回避するためにも、リスクに優先順位をつけて対応していく必要があります。
弊社ではBCPに基づき、各種リスクに対応して永続していくことを心がけております。

武揚堂のリスク対応への取り組み

■BCP計画の策定 

東京都BCP策定支援事業を利用し、地震発生を想定したBCPを策定しています。
実効性を高めるために継続的・反復的な訓練を行うと共に、インシデントの範囲を少しずつ広げていくように努めていきます。

»目黒事業所 避難所MAP
»大阪支店  避難所MAP
»北陸営業所 避難所MAP
»仙台営業所 避難所MAP

■データバックアップ 

有事の際に業務遂行に必要なデータの確保が出来るようにするため、弊社の拠点間でデータのバックアップを行っています。

■自衛消防隊(目黒事業所) 

弊社では自衛消防隊を組織し初期消火や避難誘導ができるように努めています。弊社工場は築50年近くたっており、建築基準法上現在のような消防の基準で建築されていないため、リスクがあります。そのリスクを最小限に抑えるために、自衛消防隊を組織しています。目黒区で年に一度各社による自衛消防隊のコンテストがあり、毎年参加をしています。

■AEDの設置(目黒事業所) 

弊社1階にAEDを設定しています。有事の際もですが、平時においても心臓に障害が発生する事がありえます。社員のみならず周辺住民の方にも使って頂けるようにと考えております。