デザイン/
プランニング

見た目だけでなく、
機能面にもこだわった企画設計。


地図制作部門と連携したガイドブックやパンフレットの企画デザインをはじめ、チラシ・ポスターや各種広告物、屋内外の施設装飾など…幅広いジャンルを企画からデザインまで社内一貫体制にてご提供いたします。
ビジュアル表現にこだわるだけでなく、色覚異常の方の視認性を考慮した配色やレイアウト設計、誰にでも使い易い製本加工など、機能面にも比重を置いた公共的なデザイン設計を強みにしています。

メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)

ユニバーサルデザイン(UD)とは、ユニバーサル(普遍的、全世界的)という言葉が示すように、障がいの有無、年齢や性別、国籍などにかかわらず全ての人が使いやすいように考えられたデザインを指す言葉です。
メディア・ユニバーサルデザイン(MUD)とは情報伝達において広くあまねく人々に対して情報が伝わる様に工夫したデザインの事です。

色覚バリアフリーデザイン

日本国内には約320万人もの色覚異常の方がいるといわれています。日本人男性の約20人に1人、女性の500人に1人が一般とは異なる色の感じ方をしているとされます。
社会には様々なメディアが存在しますが、多くは視覚的な情報発信を伴った媒体です。
私達はより多くの方へ正確な情報を伝えるために、色覚バリアフリーを考慮したデザイン設計に取り組んでいます。

UDフォント

文字は視力の衰えとともに判別が難しくなります。日本の高齢者は増加の一途を辿っており、2025年には60歳以上の人口割合が30%を超えると予想されています。(国立社会保障・人口問題研究所「日本の都道府県別将来推計人口」)
弊社では一般フォントよりも視認性の高い(株)モリサワ製のUDフォントを随所に採用するなど、高齢者を含めたより多くの方へ配慮したデザインの制作を心がけています。

多言語対応 ・ 外国人への配慮

訪日外国人の数は年々増加しており、また2020年東京オリンピック・パラリンピックを控えた昨今、ますますインバウンド対応は需要を増しています。
弊社では英語を始めとした多様な言語の翻訳に対応しておりますが、特に中国語と韓国語に関してはネイティブのスタッフを揃え、単なる「翻訳」ではなく、「現地の方々にわかりやすい翻訳」を行っています。
また文字による多言語表記だけでなく、直感的に理解しやすいピクトグラムを活用するなど、「言語に頼りすぎない」わかりやすい表現を心がけています。

各種印刷物・広告デザイン

ガイドブック・パンフレットなど印刷物全般の企画からデザイン、編集まで一括してご提供いたします。
印刷物にかぎらず、看板や施設外装・内装のサインディスプレイ、カーラッピングに至るまで様々な媒体向けのデザインに対応いたします。

▲観光パンフレット

▲ラッピングバス

鳥瞰図・イラストマップなど特殊グラフィック制作

地図分野での特殊グラフィック表現として、3DCG表現を活用した美しい鳥瞰図、
あたたかみのある手書きスタイルのイラストマップなど、ご要望に合わせてオリジナルグラフィックを制作いたします。

▲鳥瞰図

▲イラストマップ

AR(拡張現実)プランニング

ARとは「Augmented Reality(拡張現実)」の略であり、その名の通り【現実世界の『もっと知りたい』をWebと連携して補う】ことを実現するための、今注目の技術です。
弊社ではスターティアラボ株式会社[COCOAR] サービスを利用したARコンテンツの企画制作をご提供しています。